Copylight KAWAKUBO TOMOYASU Architects & Associates all right reserves

  • ktaaoffice

耐震補強


リノベーションの現場。

内装の下地作業が終盤戦をむかえるの中、並行して耐震補強工事準備中です。内装工事前に筋交いの増設や金物補強を完了しましたが、室内側からのホールダウン金物は取り付けを断念し、外部側から耐震補強金物を取付る事になります。なかなかの重量感ですね。

ホールダウン金物等の設置は、阪神の震災等の被害を踏まえて平成12年から建築基準法の告示に定められています。ちなみに同時に耐力壁のバランス計算が求められる様になりました。本件は新耐震基準の建物ですが、年代的にこの部分には対応出来ていませんでした。

フルスケルトンからの改装工事であった事で構造体が丸裸になりました。既存図面のみの確認に頼らずに詳細に実測を行って梁組の方向やサイズも確認出来ましたので、最適な耐力壁の追加と金物補強が可能でした。外観はほとんど変わりませんが、現在の水準に適合する構造体へと生まれ変わります。