Copylight KAWAKUBO TOMOYASU Architects & Associates all right reserves

  • ktaaoffice

「小岩の二世帯住宅」の写真をアップしました。


築30年ほどの木造住宅を、親子二世帯のための住まいとして改修する計画です。内部をフルスケルトンにした事で躯体の状況が顕になりました。新規に金物を設置すると共に耐震補強を行い、現行法規に適う構造体に再生させています。

家族が暮らしてきた佇まいはそのままに、開口の位置を馴染ませて陽だまりをつくり、小屋組の形状をなぞって気積を拡大し、構造躯体を縫う様に空間を繋いでいきます。

視界を妨げる壁体がそこここに現れますが、一方で高さ方向への抜けがとれたりします。柱や耐力壁などは以前の部屋割りに応じて配置されているので、新たなプランニングの邪魔をする訳ですが、受け入れればそれは部屋のアクセントとして成立したりもします。木造のリノベーションは予期せぬ状況の連続で、あちらへこちらへと展開していきましたが、最後はなんとかひとつの方向へ。

http://www.kawakubo.tokyo/#!photos-koiw/rjprq


10回の閲覧