Copylight KAWAKUBO TOMOYASU Architects & Associates all right reserves

  • ktaaoffice

上棟


進行中の現場。やっと上棟しました。 木造3階建てとしては割と大きな空間を実現するため、金物工法を採用しています。柱の中脚部や梁の接続部、組柱状に加工した耐風柱など、特徴的な部分が多いので、造る側も監理する側も在来工法とは違った細心の注意が必要になります。

確認申請機関の中間検査も終了して、工事もいよいよ本格的に。構造体が形になると、続いて外装周りの準備が急ピッチで進みます。発注指示、納まり検討、工程段取、細かな打合せが続きます。