• ktaaoffice

スタディー


クライアントへのヒアリング用に作成したラフ図や資料をもとに、まずは簡単な模型を作ってみてみます。

さらに図面化します。

繰り返しながら、段々と現実の空間へと結びつけていきます。


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Copylight KAWAKUBO TOMOYASU Architects & Associates all right reserves