アイ・エス・ガステム株式会社 新つくば支店

エネルギー事業の拡張と商圏の移動に伴う新支店の計画。多様化する働き方に柔軟性を確保すべく、自由度の高いフリーアドレスの執務スペースを採用しています。1階にはリフォーム事業部の執務室とギャラリー、地域にも開かれた大会議室(会議、イベント、展示等のスペース)、2階には天井が高く開放的なサービス事業部その他2事業部のための執務スペース、会議室等を配置しています。
 
主力事業の特性から、エネルギーや環境は計画の大きなテーマでした。35年後の解体及び土地の返却が決まっているため、リサイクルしやすい材料や構造形式、その後の地主の計画にも影響の少ない地盤改良方法を選定しています。そのためエコや軽量化を考慮し、構造は木造金物工法を採用しました。

 

エネルギーバランスの観点からは、電力・プロパンガス・太陽光発電をミックスする事により、日常の電力や室内の熱環境を保持しています。それを補完すべく断熱の等級は4を確保しています。また、主な空調設備となっているガスヒートポンプは発電装置を持っており、災害事のバックアップとして太陽光発電とともに施設内各所に電源を供給しています。東日本大震災の際、機動性と安全性からプロパンガスが被災地の熱源といて重宝されました。この新つくば支店は、日常はもちろんのこと、災害時のエネルギー支援の活動拠点としての役割も担っています。木造金物工法による躯体は耐震性能において重要度係数を1.25とし、有時の活動にも備えています。

概要

所在地:茨城県つくば市

主要用途:事務所

構造・規模:木造 地上2階 

敷地面積:2117.43㎡

建築面積:394.99㎡

延べ面積:695.60㎡

Copylight KAWAKUBO TOMOYASU Architects & Associates all right reserves